ホーム > オーガニックファームについて > 有機認証と無農薬について

有機認証と無農薬について

オーガニックってなに?

今、少しずつではありながら皆さんの身近な存在になりつつある
オーガニック食品。
みなさん、細かい定義があることはご存知でしょうか。

まず、オーガニック食材とは有機食材のことですが、
無農薬食材とは異なります。

「この食材は、無農薬ですよ〜」
ということは誰にでもできますが
「有機食品ですよ」とためには、
認定機関に認証をしてもらわなければなりません。
そして、オーガニックマークは
国ごとに異なります。

日本で「有機」と名乗るためには、
日本のオーガニックマーク(JAS)を
つける必要があるのです。

その、有機JASマークを取得するためには、

諸外国と同様にコーデックス
(食品の国際規格を定める機関)の
ガイドラインに準拠し、 

有機食品を作る農地では化学肥料や
農薬の使用を控えることは
基本。

められた堆肥等で土作りを行い、
種まき又は植え付け
の前2年以上、
禁止された農薬や化学肥料を使用していない

農場で栽培
使用可能な資材は限定 など


厳しい基準をクリアしないといけません。

また、畑だけではなく、
加工工場や梱包・充填工場も厳しく確認がされ、
梱包パッケージまでも管理が求められます。

そんな厳しい基準を
クリアした食品だけが、有機JASマークをつけ
オーガニックを名乗ることができるのです。 

オーガニックは安心・安全?

みなさんは自分の体を創るもの、食べ物には
安心や安全を求めると思います。

一般的にみなさんが安心だと感じるものは、
カビが生えない、腐りにくいなど菌のリスクが無い
もしくは低いものだと感じます。

また、安全だと感じるものは、
異物が混入してい無い、
農薬などの化学薬品が使用されてい無い
ものだと感じます

本当に安心と安全は共存することは、あり得るのでしょうか。
お問い合わせ トップにもどる